歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは?イメージイラスト歯を支える骨や歯肉などの歯周組織に細菌が感染し、炎症が起こる病気の総称が歯周病です。歯槽膿漏とも呼ばれています。
歯周病の原因となる口内の細菌は、歯や歯と歯肉の間に付着した食べカスをエサとして毒素を出しながら増殖し、歯肉の炎症を引き起こします。
歯周病の症状が進むと、歯を支える骨にまで炎症が波及し、骨が破壊されます。最悪の場合には歯を支えらなくなり、歯は抜け落ちてしまいます。

▲ページのトップへ

歯周病の進行と症状

歯周病の症状は大きく分けて二つに分類されます。歯肉のみに炎症が起きている状態を歯肉炎、炎症が歯肉から歯を支えている骨まで及んでいる状態を歯周炎といいます。歯周炎はさらに4つの段階に分けられます。

STAGE1. 歯肉炎

STAGE1.歯肉炎イメージイラスト歯周病の中でも初期の段階で、歯肉が細菌の感染によって炎症を起こしている状態です。
健康な歯肉はピンク色で引き締まっていますが、歯肉炎になると歯肉は腫れ、赤く丸みを帯びた形になります。指で触るとブヨブヨとした感触がする場合もあります。
歯磨きの際に出血をすることがありますが、ほとんど痛みを伴わないため、自覚しにくい症状です。

STAGE2. 軽度歯周炎

炎症が歯肉だけに留まらず、歯を支える骨にまで及んだ状態の初期段階です。歯肉炎と同じ症状で歯肉が腫れあがり、歯磨き時に出血があります。
歯を支える骨も破壊されはじめ、通常は1~2mm程度の深さの歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)が、3mm程の深さになります。

STAGE3. 中度歯周炎

歯を支える骨への炎症が更に進行することで骨が破壊され続け、歯周ポケットは4~5mmほどの深さに達します。こうなると歯周ポケットに入り込んだ歯垢を歯ブラシでは除去しきれなくなります。
歯肉の退縮も目立つようになり、体調が悪いときなどに歯が浮いたように感じることがあります。

STAGE4. 重度歯肉炎

さらに骨の破壊が進行し、歯周ポケットは6mm以上の深さに達します。歯肉の退縮が著しく、歯根が露出してしまい、歯が長くなったように見えます。また、歯肉の炎症もひどくなり、膿がでてきます。
歯を支える骨が減ることで歯はグラグラと揺れるようになり、噛みにくくなります。この頃には口臭もかなり強くなります。

STAGE 5. 末期歯周炎

STAGE5.末期歯周炎イメージイラスト歯を支える骨の大部分が破壊されて、歯は大きく揺れて噛むことができなくなります。この状態になると、歯を支えきれないため、ついには歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病に関する用語解説

  • 歯垢と歯石

    歯垢と歯石イメージイラスト歯垢は、歯に付着した食べカスをエサとして毒素を出しながら増殖する白い細菌の固まりです。プラークと呼ばれることもあります。この細菌が歯肉や歯を支える骨に感染すると、炎症を起こします。
    一方、歯石とは、除去されずにたまった歯垢が唾液の中のカルシウム成分の作用で石のように硬くなったもののことをいいます。歯垢と同様に細菌の固まりですが、歯石は歯磨きなどで除去することができないため、歯科医院で半年ごとに歯石を取ることをおすすめいたします。

  • 歯周ポケット

    歯と歯肉の間には溝がありますが、その溝の中に歯垢や歯石が付着すると、歯肉と歯を支える骨に炎症がおよび、溝が深くなっていきます。この溝が深くなったものを歯周ポケットと言います。
    歯周ポケットの中は、歯周病の原因となる細菌が増殖するには最適な環境であるため、ここに歯垢や歯石が付着したままになっていると、歯肉や骨の破壊を助長し、歯周ポケットはさらに深くなり続けてしまいます。

▲ページのトップへ

歯周病を治療する方法

  • 症状が軽い場合(歯肉炎、軽度歯周炎)

    歯垢と歯石イメージイラスト歯に付着した歯垢を丁寧に除去し、さらに専用の器具を使って歯の表面や歯周ポケット内に付着した歯石も取り除きます。歯周ポケット内に細菌がいない状態にすることで、歯肉は自然に健康な状態に戻ります。そして、患者様に適切なブラッシング(歯磨き)方法の指導をいたします。
    患者様自身できちんと口内の衛生状態を保てるようになることが、歯周病を完治させ、再発を防止するために大切なことです。

  • 症状が中等度な場合(中度歯周炎)

    症状が軽い場合の治療と同様に、歯垢と歯石の除去を行なった後、歯周ポケットの奥深くに付着した歯垢や歯石を専用の器具で取り除きます。その後、歯根の表面をツルツルに仕上げ、歯垢が付着しにくい状態にします。処置は麻酔をして行なうので、痛みの心配はありません。また、引き続きブラッシング(歯磨き)も行います。

  • 症状が重度な場合(重度歯周炎)

    この状態になると症状を改善するためには時間がかかります。症状が中等度の場合の治療方法と同じく、歯周ポケットの奥深くにある歯垢や歯石の除去を長期にわたって行ないます。除去できないほど歯周ポケットの奥深くに付着した歯石は、麻酔をし、歯肉を切開して取り除きます。また、歯の動揺が大きい場合には、隣の歯と連結して動かないように固定します。

  • 末期症状の場合(末期歯周炎)

    この段階では、残念ながら歯を治療しても歯を残すことはできず、周りの歯に悪影響をおよぼす可能性があるため、抜歯することになります。


当医院では、歯周病が進行している可能性がある患者様に対して、歯肉の精密検査を行い、その結果を丁寧にご説明したえで、的確な治療をご提供いたします。

治療後のメンテナンスも重要です

治療をすることで健康な歯と歯肉を取り戻しても、その後に適切な歯磨きで歯垢が除去できていなければ、再び歯周病にかかってしまいます。
一度歯周病で破壊され、退縮してしまった骨は二度と戻ることはありません。健康的で美しい歯を保つためには、歯垢を除去する毎日の歯磨きが大変重要です

また、歯石は歯磨きでは除去できませんので、ぜひ半年に一回は当医院で歯石除去をお受けになることをおすすめいたします。
定期的に通っていただくことでお口の状態のチェックもできますので、歯周病の進行を未然に防ぐことができます。
当医院では、患者様お一人おひとりに適した予防とお口の健康づくりに取り組んで参りたいと思っております。

治療後のメンテナンスも重要ですイメージ画像

▲ページのトップへ

  • 診療案内
  • 一般歯科
  • 補綴歯科
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • 歯周病治療
  • 予防歯科
  • 入れ歯
  • 症状別
  • 詰め物・被せ物が外れた
  • 歯が痛い・腫れた
  • 歯の掃除をしたい
  • 歯ぐきから血が出る

虎ノ門の歯医者 高島歯科クリニック

【住所】
東京都港区西新橋2-18-7 マストライフ虎の門1階
【診療時間】
9:30~13:30 / 14:30~20:00
【休診日】
土曜・日曜・祝祭日
【アクセス】
JR線・銀座線「新橋駅」より徒歩10分
三田線「内幸町駅」より徒歩5分
銀座線「虎ノ門駅」より徒歩7分

お電話でのお問い合わせはこちら TEL03-3500-3566 9:30?20:00

アクセスはこちら

お問い合わせ