補綴治療

 

セラミック治療とは

セラミック治療とは イメージ画像セラミック治療とは、虫歯や事故等が原因で歯の一部を損傷してしまった場合などに、セラミックの補綴物(被せ物や詰め物)で歯を修復する治療のことです。


一般的な保険適用の補綴物は、銀歯や変色しやすいプラスチック製の詰め物や被せ物ですが、残念ながらこれらでは美しい見た目の歯を再現することはできません。

そこで、見た目の美しさを追求したい方にはセラミック治療をおすすめしております。

セラミックは非常に透明度が高い素材なので、セラミックの補綴物で治療を行なうと、透明感のある美しい色調の歯を再現することができます。また、セラミックは変色もしにくく、とても硬いので耐久性もあります。表面が大変滑らかなので、虫歯や歯周病の原因である歯垢が付着しにくいのも特徴です。

セラミックの被せ方(クラウン)

メタルボンド(セラミッククラウン)

メタルボンド(セラミッククラウン)補綴物の表側(外側)はセラミック製で、内側の土台は金属製の被せ物です。

表側はセラミック製なので見た目が美しく、ほとんど変色もしません。

また、金属を使用しているため強度もあり、奥歯やブリッジなど様々な症例に対応できます。費用もセラミック治療のなかでは比較的リーズナブルです。

オールセラミック・クラウン

オールセラミック・クラウン補綴物の表面も内側の土台もすべて100%セラミック製の被せ物です。金属を使用していないため透明度が高く、非常に美しい歯を再現できます。金属アレルギーの方でも安心です。もちろん変色もほとんどありません。

ハイブリットセラミック・クラウン

セラミックとプラスチックを混ぜ合わせた素材で作った被せ物です。セラミックの透明度とプラスチックの柔軟性の両方の特性を併せ持っています。
オールセラミックよりも変色はしやすいですが、プラスチックの適度な柔らかさが対合の歯を傷付けにくく、奥歯などに向いています。

動画「被せ物の種類と特徴」

「オールセラミッククラウン」、「メタルセラミッククラウン」、「ハイブリットセラミックスクラウン」、「ジルコニアクラウン」、「ラミネートべニア」それぞれの特徴をご紹介。

セラミックの詰め物(インレー)

ハイブリットセラミック・インレー

ハイブリットセラミック・インレーセラミックとプラスチックを混ぜ合わせた素材であるハイブリッドセラミック製の詰め物(インレー)です。
ハイブリットセラミック・クラウンの特性と同じですが、オールセラミックより柔軟性があって割れにくい詰め物です。変色や色の再現はオールセラミックに劣るものの、自然で美しい歯に修復することができます。
適度な柔らかさは奥歯に向いており、金属アレルギーの方でも心配ありません。

ラミネートべニア

ラミネートべニア

ラミネートべニア

被せ物や詰め物ではありませんが、セラミックを使った審美治療に、ラミネートベニアという方法もあります。
ラミネートベニアは、抗生物質などの影響などでホワイトニングでは歯を白くできない場合や、歯のごく小さな欠損を治したい場合に適した治療方法です。 歯の表面を薄く削りとり、そこに薄いセラミック製の歯の表面をかたどったプレートを貼り付けることで、白く形の美しい歯に仕上げます。
また、ちょっとしたすきっ歯を短期間で治したい場合にも、ラミネートベニアで対応することもできます。

料金表はこちら

院長ブログ 症例集